食事で腸内環境改善計画!きなこ

 

きなこは焙煎した大豆を粉にした食品で、タンパク質や食物繊維の宝庫として知られています。腸内環境にとって喜ばしい栄養が多いために、日常的に食べることが大切です。青大豆を用いるものは緑色が美しいため、うぐいす餅の材料として使うことがあります。黄色いものについては、安倍川餅の材料として有名です。搗きたての餅にまぶしてから、さらに白砂糖をたっぷりとかけるのが本格的な作り方です。

 

きなこのレシピを普段から多用していれば、食物繊維の不足が改善して腸内環境も良くなります。乳酸菌が豊富なヨーグルトに入れて食べれば、腸内環境にとって極めて有益となります。ヨーグルトには不足しがちとなる食物繊維を補いながら、豊かな風味を加えることができます。牛乳に入れて飲む場合には、ミルクコーヒーのような風味にすることができます。牛乳が苦手な人にとっても飲みやすくするためには、しっかりと焙煎して香ばしくすることが大切です。

 

きなこはスープに入れることで、料理の脇役として利用できます。市販のクリームスープに加えるだけで、本格的な風味を再現できます。コーンスープに加えても美味となり、甘さを際立たせるともできます。味噌との相性も良いですから、味噌汁の隠し味としても使えます。