繰り返すニキビは腸内環境が原因かも

 

毎日がんばって顔を洗っているのに、なぜかニキビが治らないのは、内側に原因が潜んでいるためです。まさかと思うかもしれませんが、肌に出てくるニキビと、内側の腸内環境というのは、非常に密接な関係性を持っています。人間は食物を食べて体内に取り込みます。その最終的な処理をするのが、大腸になります。この場所がスムーズに活動できれば問題はなく、逆にスムーズでなければトラブルが起きてきます。

 

大腸に本来出て行くべきものが滞っていたりすると、大腸の中はどんどん汚れていきます。これは血液まで濁らせることとなります。その澱んだ汚い血液は、カラダの全身を巡ります。汚れた毒素を一緒に含んでいる血液は、末端まで行き渡るために、それは顔などの肌にも到達することになります。

 

汚れた血液は、毛穴を詰まらせる、大きな原因となります。血液が汚いと、それは肌にも悪影響が出てしまうことになるのです。だから便秘がちで腸内環境が悪いままだと、お肌には繰り返しニキビが出来てしまいます。医薬品で止めたとしても、腸内環境をリセットしない限りは、肌荒れは改善にはなりません。ですから、大腸をスッキリと掃除して、溜まった老廃物を排除することが大切なのです。